自然・景観浜街道の観光スポットを探す

2017.01.23 / 楢葉町

清隆寺のシダレザクラ

清隆寺のシダレザクラ

清隆寺の境内に江戸時代後期ごろに植えられたものといわれ、以来200年余り、当寺と共にあった桜の大樹です。明治の初めに寺が火災に見舞われた際は、ご本尊をこの樹の下まで運びだしたとの逸話も残っています。地上近くまで垂れ下がる見事な枝ぶりが特徴で、4月初めごろ、一般的にみられるソメイヨシノよりやや早く開花を迎えます。県内に多くみられる著名なシダレザクラとは別の、ベニシダレという種類です。町指定天然記念物。

一覧へ戻る